カテゴリ:Talking alone..( 4 )

忘却の彼方

e0365614_17520753.jpg



Pueden pasar tres mi años...
Puede secarse mi alma
Pero nunca te olvidaré

(3000年経っても 自分が朽ち果てても あなたを決して忘れない)


初めてこの歌が聞こえてきたとき
自分の抱える問題など 3000年経ったらもう跡形もないのだろう
3000年経ったら・・
「3000年」という概念に気が遠くなるような感覚になりました。




e0365614_17522242.jpg



クレマチス ペトリエが開き始めました。


*・゜゚・*:.。..。.:*'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


Pueden borrar mi memoria
Pueden robarme tu historia
Pero nunca te olvidaré

pero nunca te olvidaré
Sabes que ¡nunca te olvidaré!


忘却の彼方というけれど

彼方とは どこのことでしょう


失くしていく記憶は その彼方でまた目覚める日を待つのでしょうか。







[PR]
by my-gardenhouse | 2017-04-09 21:07 | Talking alone.. | Trackback

いつも心に太陽を

e0365614_17590290.jpg



"Nemophila 'Platina Sky'"


きっと寒さに強いと信じていたの。

朝から時が止まったように暗い日だったけど

シルバーがひときわ明るく しっかりと根付いてくれているようです。



e0365614_18040966.jpg



今日は太陽が出てないから・・と言うと

"¿Qué dices? ¡Sí, está saliendo el sol!

¡Solo no se puede verlo no más!
(何言ってんだ?ただ見えてないだけで 太陽は出てるんだよ!)


素晴らしい冗談だろう?という顔で ペルー人のおじさんが言いました。



e0365614_18092656.jpg



ただ見えてないだけ


ただ見えないだけのこと


Solo no se puede verlo por ahora、nada más.

そうだね、ティオ
冷たい雨でも 氷が降っててもね。



Qué bonito día ,
Qué bonito todos los días...






*・゜゚・*:.。..。.:*'・*:.。. .。.:*・゜゚・*




[PR]
by my-gardenhouse | 2017-03-27 22:23 | Talking alone.. | Trackback

Lo que a mí me gusta más

e0365614_09462024.png
シーズンが巡ってくると 毎年同じようなものを植えている


好みというのか 感覚で選ぶというのか


ただ 大きな作品を作る時には


それプラス主張がなくてはならない


それが柔らかくても穏やかでも


その中に凛として筋の通った何かが。


***



Lo que a mí me gusta más ・・

no puedo decirlo en una sola palabra

es algo que me siento y llaga a mí interior

pero sí se le nota en lo que yo creo.



少し暖かいと わくわくします。


目を細めて遠くを見つめると 見えてくるのはね


新緑の美しいあの季節


y.. ¿ Qué dices tú ?



***












[PR]
by my-gardenhouse | 2017-02-16 22:18 | Talking alone.. | Trackback | Comments(0)

陽の当たる場所

e0365614_23344895.png

オルラヤ ジキタリス ラークスパー ゲラニウム


デルフィニウム ドワーフコンフリー カモミール


お庭の陽の当たるエリアにて。


空気はカラカラ お水は凍り 朝の空気はキーンと冷え


それでも 陽が当たる場所は 希望に溢れ


目を閉じれば 春が見える。。




〜*〜*〜*〜



Gracias al tiempo libre que tengo

puedo observar todo lo que pasa en mi jardín.


Muy agradecida ..




..










[PR]
by my-gardenhouse | 2017-01-26 23:59 | Talking alone.. | Trackback | Comments(0)

お気に入りの草花から流れるハーモニーの記録


by Mil Flores