国バラ 搬入日


e0365614_10244104.jpg


International Rose & Gardening Show 2018

第20回 国際バラとガーデニングショウ

作品搬入日




e0365614_10150595.jpg



私の作品 "Unforgettable〜忘れえぬ日々"

古びれたクラシカルな雰囲気を。

"Inolvidable.. el momento que nunca vuelve "
es el tema que quería poner.



e0365614_10242473.jpg



ここはいつも大作揃い

スケールが違います!




e0365614_10245852.jpg


Obras excelentes una tras otra..



e0365614_15035028.jpg




すぐ後ろに 吉谷桂子さんの素晴らしく美しい
アニバーサリーガーデン

最終仕上げのチェックしておられるご本人が。
お忙しい吉谷さん いつも素敵です。




e0365614_10151861.jpg


Mío se ve un poco pequeño y oscuro..
Sí, con ambiente clásico pero igual no llama atención de la gente..


毎日大事に守り 心を砕いた作品ですが
ここへ持ってくると
目立たず 小さめ
暗くて ぼんやり


でも じ〜〜っとこれだけ見れば... 少しはステキ。。です。w

開催中 お花頑張ってね..。



*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。.:*・゜゚・*



国際バラとガーデニングショウ
2018.5/18 fri.〜 23 wed.
メットライフドーム



*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。.:*・゜゚・*




にほんブログ村 花・園芸ブログ 寄せ植え・ハンギングへ

にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
トラックバックURL : https://mijardin.exblog.jp/tb/27280371
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by chirolove at 2018-05-18 10:44
搬入おつかれ様でした。
エレガントな雰囲気で、作品に品がありとても素敵ですね!
最近まで毎年出品していたので、ピリピリとした空気の搬入が懐かしいです。
スタッフとして吉谷さんのショウガーデンをお手伝いしたこともあり、国バラからいろいろ学びました。
もしかすると、お会いしていたかもしれませんね!
CHIRO
Commented by my-gardenhouse at 2018-05-18 14:57
> CHIROさん

ご親切なコメントをありがとうございます♡

そうなんですか、吉谷さんのガーデンのお手伝いも!
私はCHIROさんのアンティークな優しい吊りの作品をよく覚えています。
とても素敵でした。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
あの作品、吉谷さんがブログで褒めていらっしゃいましたよね。
あの搬入搬出の時 きっとお会いしていたんでしょうね。。

大きなところに出すということは 大変ですが 勉強になります。。
毎回みなさんすご〜い!って思います。
自分はここで目を惹く作品を作れないかも・・と感じたりします。
まだまだ勉強・・ん〜 これって才能ですよね。
自分らしさの追求になるかも知れませんが もう少し頑張ってみようと思います。

ありがとうございました。♡♡

*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。.:*・゜゚・*
Commented by fujimotosan1979 at 2018-05-25 00:04
素敵ですね。落ち着いた色合いで「古びれたクラシカルな雰囲気」がよく分かります。
品のある作品だと思います。私は好きですね。
本当に素敵です。
Commented by my-gardenhouse at 2018-05-25 22:32
> fujimotosan1979さん

そう言っていただいてありがとうございます。
ここのコンテストでは審査員の目に留まったことはありません。
レベル高〜いです!
毎回自分の精一杯を ひとつの作品に込めて…
今回の作品もunforgettable..!です。
素敵って思っていただいて とても嬉しいです。
ありがとうございます♡





by my-gardenhouse | 2018-05-17 22:31 | Hanging flwr.baskets | Trackback | Comments(4)

Miles y miles de plantas con mucho que contar.


by Mil Flores